札幌 幡本印刷株式会社 | 札幌で40年、印刷のことならお気軽に幡本印刷までお問い合わせください。

Top > メディアユニバーサルデザイン > メディア・ユニバーサル・デザインの取り組み

メディア・ユニバーサル・デザインの取り組み

「メディア・ユニバーサル・デザイン」を知ろう

「メディア・ユニバーサル・デザイン」とは

メディア・ユニバーサル・デザイン協会ロゴユニバーサルデザインとは年齢や身体能力に関わりなく、すべての人々に適合するデザインで、バリアフリーデザインと同様に大切な考え方です。今、私たちのまわりでも住まいはもちろん、家電製品、日用品、ファッションまで幅広く広がっています。
その中でも私たちが提案しているのがメディア・ユニバーサル・デザイン。色の識別に不自由な人にも、加齢による低下が進んだ人たちにも見やすく、分かりやすい表示を心がけています。

色弱とは

イメージ:学校用色覚異常検査表色弱者とは左にあるような数字の8が右のように見えにくくなってしまう人のことです。このような異常を持つ人が男性では20人にひとり、女性では500人にひとりの割合であなたのそばにいます。日本全体でみると320万人です(身体障害者は350万人)。色弱者以外にも年齢とともに色覚の機能は低下します。特に高齢者に多い白内障になるとより色覚機能は低下します。
これからは印刷物やワープロ文書、ホームページで安易に色をつけず、「識別しづらいな。」と感じる人がいることを考えて製作しましょう。

色弱者にどのように見えるのか

イメージ:算数セットの色版とおはじき色弱者の多くは「赤と緑」の識別が苦手です。右の写真は小学生が使う「算数セットの色版とおはじき」です。このような色の見え方をしているのに「赤だけを集めて下さい。」と先生に言われて困っている子供がいるはずです。
「色覚障害のない人によって作られた色名で事物を指示され、集める色を間違え、クラスメイトに笑われ算数が嫌いになる。」そんな可能性もあるはずです。見直さなければならないものが沢山ありそうです。

このページのトップへ

今、「メディア・ユニバーサル・デザイン」がなぜ重要か

社会は昔より暮らしやすい?

近年、技術の進歩により、数年前まで白黒だった新聞、雑誌などの印刷物や、コンピューター、携帯電話などの画面が、みるみるカラーに置き換わっています。
ところが、これらの中には、色づかいの配慮に欠けるものが多く、色弱者が不便を感じるケースが増えています。
これを解決するのが「メディア・ユニバーサル・デザイン」です。色弱者に配慮する事で、すべての人に分りやすく情報を伝える事が可能となります。

不自由な場面(1)淡い色同士の識別

イメージ:トイレ案内表示のオリジナルとシミュレーション近ごろ室内環境の調和のために、案内表示に淡い色が好まれて使用されます。しかし、淡い色は彩度が低くなっているために、濃い色に比べ識別がより困難になります。
色弱者は「赤と緑の識別が困難である。」ことはよく知られていますが、「水色とピンク」も識別が困難です。そのためトイレ案内表示の「男性が水色」「女性がピンク」の色分けは非常に問題です。
男性と女性のデザインが異なっているので「問題なし」と思われがちですが、色弱者のなかにも近視や乱視の人がいますので注意が必要です。

不自由な場面(2)色だけにたよった表現

イメージ:カレンダーのオリジナルとシミュレーション色弱の種類によって赤が暗く、黒のように見える人がいます。そのような人にとって平日が黒色、休日・祝日が赤色、そしてフォント等に変化がないようなカレンダーは、週中の祝日が非常に分かりづらいものになります。
色だけにたよった単純な識別法ではなく、フォントの変化や他の情報を加えることで、平日と祝日の差をつけなければなりません。

このページのトップへ

私たちは考えています。メディア・ユニバーサル・デザイン

見やすく分かりやすい表示を心がけています。
  1. 色の分類だけの表示に、色名もあわせ文字の表記もする。
  2. 認識しやすい色の組み合わせで配色する。
  3. 色分けに形や線種の変化で判読を容易にする。
  4. 背景の色と文字色を考慮する。
  5. グラフ表示などには凡例を直接表記するか引出線を用いる。
すべての人に見やすく、読みやすく。

イメージ:修正前と修正後・文字に白フチをつけるだけでこんなに読みやすくなります。メディア・ユニバーサル・デザインで大切なことは、「色弱者は男性の20人に1人の割合」と「20人中19人は通常の識別ができる」ということを忘れずに、すべての人に見やすく、そして読みやすくすることです。
不特定多数の人が利用する施設はメディア・ユニバーサル・デザインの導入が急がれています。道路標識、電車路線図、病院内の案内表示、劇場やホールの案内表示。そして、もちろん各種印刷物も十分な考慮が必要です。

メディア・ユニバーサル・デザインの導入には、知識とノウハウが必要です。

メディア・ユニバーサル・デザインは通常のデザインに特別なものを持ち込むことではなく、配色やその表現方法を考えることです。しかし、それをメディアにあらわすデザインは色弱を理解し、表現の知識とノウハウを身につけなくてはなりません。すべての人にやさしいデザインを目指して、メディア・ユニバーサル・デザインを取り組みましょう。

●発行 全日本印刷工業組合連合会

このページのトップへ